ちぬ倶楽部
7月号好評発売中
 


お問合せ・ご質問は
フィッシングブレーン
chinu@fishingbrain.com

ちぬ倶楽部2016年8月号
さらに濃く、より深く誌面を完全リニューアル!オリジナルステッカー付き!

創刊から136冊目となる『ちぬ倶楽部2016年8月号』は、カラーを増ページし誌面を完全リニューアル。今まで以上に深く濃く、チヌ釣りマニアのための一冊に生まれ変わります。思わず釣りに行きたくなる美してかっこいい写真で構成するカラーページ、ボリュームを持たせて多角的にテーマを掘り下げた大特集、見応えと読み応えのある新連載など生まれ変わった『ちぬ倶楽部』に乞うご期待。特別付録のオリジナルステッカーと大刷新記念プレゼントもお楽しみに。

<ちぬ倶楽部2016年8月号>
6月25日発売 定価1,500円
次号発売は2016年8月25日
Amazon.co.jp縺ァ雉シ蜈・
NAIGAI-SHOP縺ァ雉シ蜈・

堤防の怪力チヌ

マッスルチヌ。いわゆる宿毛湾に潜む50cmを超える大型チヌのこと。他エリアのチヌに比べ、とにかく引きが強く2.5号のハリスでも飛ばされるとか。ここ数年で急激に注目されるようになり、今では遠方から訪れる釣り人が後を絶たない。沖磯へ渡らなくても身近な堤防で、その怪力を味わえる宿毛湾はとにかくすごい。

深い攻略、待つ忍耐 ひと味違う播磨灘

東西に広がる瀬戸内海。その東の播磨灘に浮かぶ兵庫県家島諸島は、中国地方のフカセ釣りとは少し異なる様相を見せる。魚影はほどほどだが型はよい。比較的水深があるせいか高活性時でもさほど浮かない。ポイントは変化に富むが、ブイが多く釣りにくい。要するにさまざまな技が求められるのだが、そこで腕を磨いてきたひとりがZEBRAの鰰澤拓也さんだ。

進化し続ける遠投釣法

広島の名手、木村公治さんはフカセ釣りを始めた頃から今日に至るまで、どのような遠投釣りを教わり、そして特訓してきたのか。海の変化、釣り方、タックルの進化、さまざまな木村ヒストリーを語っていただいた。

第1特集フカセ釣りの難題は瀬戸内の技で解く

瀬戸内海はチヌの王国である。魚影もさることながら、フカセ釣りにおいてはトーナメントで幾多の栄冠を獲得したテクニックが見る者を圧倒する。瀬戸内とひとくくりにすることが多いが、兵庫、岡山、芸予、広島とエリアによってスタイルは異なる。そして東西に長い海域は多様な釣り場を擁し、 変化に富んでいる。限られた地域ではあるが、全国各地で応用できる。そんな可能性を秘めているのが瀬戸内のフカセ釣りなのだ。

第2特集 かかり釣り 夏の宙切り&落とし込み

ここ最近、かかり釣り師の注目を集めつつある宙切りという釣法。そして夏場の高水温期に威力を発揮する落とし込み。これらはどちらもダンゴを底で割るという、この釣りの基本が通用しないわけだが、果たしてその食わせのカギはどこにあるのか?

PE釣法の最前線

「PEを使うとアタリが明確だし新鮮で面白いんですよ。この釣りを常用するにはむずかしいかもしれませんが、かかり釣りの場合は利点が多いんですよ。PEラインや釣り方がもっと進化すれば、何年か後には主流の釣りになる可能性はあります。イカやメバルやイシダイもPEを使うようになって、チヌも可能性としてないということは絶対ないです」。そう兼松伸行さんが力説するかかり釣りでのPE釣法について掘り下げてみよう。

新連載 山本太郎EXワールド アグレッシブFight

かかり釣り、フカセ釣り、ウキダンゴ釣り、落とし込み釣りをマルチにこなすチヌ釣りの鉄人、山本太郎さんの新連載。第1回は、はじめて和歌山県白浜・堅田のイカダにアタックした。ボラが激しくダンゴを突つき、エサ取りを蹴散らしてくれる。状況としてはいいはずだが、一向に本命の気配はない。午後2時からが時合いだと事前に聞いていたが…。

好評発売中!アユ釣りマガジン2016
価格:1,800円(税込)


名手の競演で見えてくる1段上のテクニック
入れ掛かり切磋琢磨

Session1
高橋祐次×瀬田匡志
in福井県 九頭竜川 勝山

Session2
廣岡保貴×森岡達也
in三重県 大内山川

Session3
小沢聡×小澤剛
in岐阜県 長良川郡上

紀州のスペシャリスト下田成人さんと巡る
熊野の支流にきらめく良アユ

できれば尺を、無理でも25a以上を釣らせてください
鬼軍曹!?の大アユしごき教室
高知県四万十川

時代を経て変わること、変わらないこと、新しくなること
見直せ、最先端ベーシック

そうだったのか!? すぐに使えて釣果が伸びる
絶対に知っておきたい実力アップのO&A

半端ない爆発力を秘めた2つの釣りを身につけろ!
鍛えるべきはカミ飛ばし&鋭角釣法

完全仕掛けからのステップアップのために名手が提案する水中糸〜ハナカン周り
編み付け不要の仕掛け作り

13年越しの長い夢を叶えた意識改革 引き釣りの呪縛を解くことで見えたもの
背バリ以前、背バリ以後。そしてこれから

増水、濁りの狩野川。
憂鬱を吹き飛ばす井川弘二郎のこだわり
フワフワ感を演出し止め泳がせに集中

尺取物語
伊藤隆介in熊本県球磨川

チャンプの開幕、一目瞭然
勝者のベスト2016解禁仕様
谷川光之/山本雅弘/有岡只祐/小澤剛

アユマガ編集部inペガサスセブンペアマッチ
たたかえ熱戦、ヘンシューブ!

憧れの天然遡上河川に潜って調べた
オトリの泳ぎ、大アユの反応、ヒットの瞬間…
四万十川で水中撮影 海産大アユのREALが見えた!

タモに受けた瞬間、香り立つ1尾を!
うま〜いアユが狙える極上!河川ガイド

大西満 村田満
2人のレジェンドー“釣欲満々”エッセイ
友釣り、いま思うこと…。

アユ釣りステーション
2016年のアユ釣りシーンをつかさどる最新インフォメーション

メーカー担当者がセレクト
2106NEWラインナップの“イチオシ”はこれだ

釣りウマ店長&スタッフが
一生懸命選びました!
マイショップ人気グッズランキング ベスト3

アユ釣りマガジン2016プレゼント!!
ほか 【ご購入はこちら】
 

【このページのトップに戻る】