ちぬ倶楽部
7月号好評発売中
 


お問合せ・ご質問は
フィッシングブレーン
chinu@fishingbrain.com

ちぬ倶楽部2016年10月号
自由自在の秋ダンゴ

より深く、濃く、チヌ釣りマニアへお届けする刷新第2号の『ちぬ倶楽部10月号』。 第1特集は、かかり釣りの必須アイテムであるダンゴをフーチャー。 秋に釣果を伸ばすためのベーシックから応用までを解説します。 第2特集はフカセ釣りの注目アイテムPEラインをクローズアップ。 いち早くこの釣りを取り入れた名手の理論とテクニック、PEの特徴やノットなど多角的に詳解。 カラーページではかかり釣り、落とし込み釣りを各3本立てのほか、 山本太郎さんの名もなき浜での渚釣りなど、かっこいい写真でたっぷりお見せします。

<ちぬ倶楽部2016年10月号>
8月25日発売 定価1,500円
次号発売は2016年10月25日
Amazon.co.jp縺ァ雉シ蜈・
NAIGAI-SHOP縺ァ雉シ蜈・

「シンプルに、かっこよく」

敷居の高い壁をぶち破り、よりシンプルにかかり釣りを楽しむ稲垣昌己さんのスタイルは、ワンセットのタックルに箱エサひとつ、さらにサシエも3つまでと至ってシンプル。なぜそのような”シンプルスタイル”に目覚めたのか。三重県の浜島で実釣を兼ね語っていただいた。

小さなアタリを大きなチャンスに変えろ

京都府舞鶴の高水温期はイガイをエサに大型チヌが狙える時期。ここで実績を上げている海老池敏昭さんと大倉秀隆さんの2人が、イガイのサイズ、タナ、沈下速度を変えながら状況に即応し、51.5aを頭に大型をゲット。その組み立てをお届けしよう。

「動かない底潮」これが近年の課題

上潮から中層にかけての潮は動いているが、底潮が動かない状況に遭遇することは珍しくない。このような潮流パターンに気づかないまま釣り続けると、ダンゴのポイントからズレが生じる上にアタリに気づかないまま終わってしまうことも。そんな難しい潮流をクリアするための技を末吉一崇さんに解説していただいた。

秋ダンゴ自由自在

かかり釣りを組み立てる最大要素はやはりダンゴ。ここでは秋を中心としたその考え方を、ベーシックから応用まで幅広く網羅。釣りの展開を、もっと理想に近づけていこう。

PE釣法の最先端

ここにきてアツく注目を集めるようになってきたのがPEラインを道糸に使うフカセ釣りだ。以前はその扱いにくさから定着しなかったこの釣りが、なぜ今好釣果を上げているのか。また、フカセ釣りにPEラインは本当にマッチするか。今回はいち早くPEラインをフカセ釣りに取り込んでいるエキスパートのみなさんやライン開発者に登場いただき、この新しい釣りを多角的に解説する。

環付きウキであり、棒ウキであること

ほんの数年前まで環付き棒ウキといえば、底の釣りで使われるアイテムというイメージが強かったが、近年はトーナメントでの活躍もあり一気に注目が集まっている。あなたの釣りのバリエーションを広げる新たな武器として、ぜひ!

カリスマ対決

盛夏の尼崎フェニックスで竿をまじえるのは落とし込みのカリスマ2人。ヘチ釣りを駆使する竹田敏雄と、落とし込みで挑む西田哲也。天気は快晴なれども東風の影響が気になるタイミング。新しいタックルを携えて、1尾長寸で勝負!

好評発売中!アユ釣りマガジン2016
価格:1,800円(税込)


名手の競演で見えてくる1段上のテクニック
入れ掛かり切磋琢磨

Session1
高橋祐次×瀬田匡志
in福井県 九頭竜川 勝山

Session2
廣岡保貴×森岡達也
in三重県 大内山川

Session3
小沢聡×小澤剛
in岐阜県 長良川郡上

紀州のスペシャリスト下田成人さんと巡る
熊野の支流にきらめく良アユ

できれば尺を、無理でも25a以上を釣らせてください
鬼軍曹!?の大アユしごき教室
高知県四万十川

時代を経て変わること、変わらないこと、新しくなること
見直せ、最先端ベーシック

そうだったのか!? すぐに使えて釣果が伸びる
絶対に知っておきたい実力アップのO&A

半端ない爆発力を秘めた2つの釣りを身につけろ!
鍛えるべきはカミ飛ばし&鋭角釣法

完全仕掛けからのステップアップのために名手が提案する水中糸〜ハナカン周り
編み付け不要の仕掛け作り

13年越しの長い夢を叶えた意識改革 引き釣りの呪縛を解くことで見えたもの
背バリ以前、背バリ以後。そしてこれから

増水、濁りの狩野川。
憂鬱を吹き飛ばす井川弘二郎のこだわり
フワフワ感を演出し止め泳がせに集中

尺取物語
伊藤隆介in熊本県球磨川

チャンプの開幕、一目瞭然
勝者のベスト2016解禁仕様
谷川光之/山本雅弘/有岡只祐/小澤剛

アユマガ編集部inペガサスセブンペアマッチ
たたかえ熱戦、ヘンシューブ!

憧れの天然遡上河川に潜って調べた
オトリの泳ぎ、大アユの反応、ヒットの瞬間…
四万十川で水中撮影 海産大アユのREALが見えた!

タモに受けた瞬間、香り立つ1尾を!
うま〜いアユが狙える極上!河川ガイド

大西満 村田満
2人のレジェンドー“釣欲満々”エッセイ
友釣り、いま思うこと…。

アユ釣りステーション
2016年のアユ釣りシーンをつかさどる最新インフォメーション

メーカー担当者がセレクト
2106NEWラインナップの“イチオシ”はこれだ

釣りウマ店長&スタッフが
一生懸命選びました!
マイショップ人気グッズランキング ベスト3

アユ釣りマガジン2016プレゼント!!
ほか 【ご購入はこちら】
 

【このページのトップに戻る】