ちぬ倶楽部
7月号好評発売中
 


お問合せ・ご質問は
フィッシングブレーン
chinu@fishingbrain.com

ちぬ倶楽部2018年6月号
チヌバリのすべて

チヌとの接点だけに悩みは尽きないハリにスポットを当てて、ハリ掛かりからサイズやカラーの使いわけ、イレギュラーな使い方などジャンルを超えて役立つ知識を大特集。カラーページでは静岡県浜名湖や京都府久美浜湾など話題のエリアのほか、非自立棒ウキの秘められた力やダンゴの割れの真実を解明する水槽実験などマニアックな企画も充実。気持ちいい季節を気持ちよく楽しむ情報満載の『ちぬ倶楽部6月号』をお楽しみに!

<ちぬ倶楽部2018年6月号>
4月24日発売 定価1,500円
次号発売は2018年6月25日
Amazon.co.jp縺ァ雉シ蜈・
NAIGAI-SHOP縺ァ雉シ蜈・

急潮一貫

急潮の釣り。一見、渡船に乗って沖へ行かなければ味わえないように思うが、静岡県浜名湖には手軽に体感のできるフィールドが存在する。しかし、ポイントによって仕掛けの流し込める距離が短く、テクニックを駆使しなければ釣果に結びつかないことも。そんな、浜名湖のクセ≠よく知る林賢治さんの攻略法とは?

アタリを出すための攻撃的超スロー広角

波静かな湾内に多くのカキ棚が浮かぶ京都府の久美浜湾は、チヌの魚影が濃く50cmクラスの大型も多く潜む。そんな好フィールドが今年も4月1日に解禁。それを楽しみに待っていたかかり釣りのKINGこと兼松伸行さんがアタックした。

なぜ、非自立棒ウキを使うのか

前西喜弘さんといえば、フカセ釣りでは珍しい非自立棒ウキを好んで釣りを展開する名手だが、それにはいくつかの理由があるという。ここでは、これからの最盛期に役立つ非自立棒ウキ使いの秘密を明かしてもらおう。

岸壁黒鯛2018戦略

2016年に産声を上げたガンクロは今年3年目のシーズンに突入しようとしている。年間を通じてこの釣りを探求してきた中で見えてきたのがベイトリールの有効性、そしてワームのカラーパターンと話すのはこの釣りのパイオニアである松村太輔さん。これらを知ることで本物のエサを使用する以上に有利な釣りを展開できるのだという。それはルアータックルとワームを使用した落とし込みの代理では決してない。“フォーリングゲーム”とでも呼ぶべきジャンルへと昇華したのだ。

ダンゴの割れの真実を解明せよ!

かかり釣りの名手たちと接していると、まるで海底の出来事を見ながら戦略を組み立てているかのように思えることがある。その中でもダンゴが割れる映像を頭に描くことは経験値が少ないと難しい。いつ割れるのか、どのように割れるのか、それを視覚化する実験を今回は試みた!

チヌバリのすべて

魚との接点である…とは、もはや使い古された表現かもしれないが、やはりその重要性は永遠に不変だといえるのがハリ。チヌを釣るためにはどのような要素が求められるのか、この特集ではそれを徹底的にリサーチした。ハリの選択に悩みが止まらない人も、迷いがないという人も、必読!

カセ釣り強化マニュアル

フロートに組んだ釣り座から竿を出すイカダに対し、小舟からの釣りになるカセは、同じかかり釣りでも微妙に違う。イカダに比べて釣り座が狭く上下前後によく動くし、イカダが設置しにくいような場所に掛けられていることも多い。そんなカセの釣りをクローズアップ。攻略のノウハウをマスターし初夏のチヌを手にしよう

好評発売中!アユ釣りマガジン2016
価格:1,800円(税込)


名手の競演で見えてくる1段上のテクニック
入れ掛かり切磋琢磨

Session1
高橋祐次×瀬田匡志
in福井県 九頭竜川 勝山

Session2
廣岡保貴×森岡達也
in三重県 大内山川

Session3
小沢聡×小澤剛
in岐阜県 長良川郡上

紀州のスペシャリスト下田成人さんと巡る
熊野の支流にきらめく良アユ

できれば尺を、無理でも25a以上を釣らせてください
鬼軍曹!?の大アユしごき教室
高知県四万十川

時代を経て変わること、変わらないこと、新しくなること
見直せ、最先端ベーシック

そうだったのか!? すぐに使えて釣果が伸びる
絶対に知っておきたい実力アップのO&A

半端ない爆発力を秘めた2つの釣りを身につけろ!
鍛えるべきはカミ飛ばし&鋭角釣法

完全仕掛けからのステップアップのために名手が提案する水中糸〜ハナカン周り
編み付け不要の仕掛け作り

13年越しの長い夢を叶えた意識改革 引き釣りの呪縛を解くことで見えたもの
背バリ以前、背バリ以後。そしてこれから

増水、濁りの狩野川。
憂鬱を吹き飛ばす井川弘二郎のこだわり
フワフワ感を演出し止め泳がせに集中

尺取物語
伊藤隆介in熊本県球磨川

チャンプの開幕、一目瞭然
勝者のベスト2016解禁仕様
谷川光之/山本雅弘/有岡只祐/小澤剛

アユマガ編集部inペガサスセブンペアマッチ
たたかえ熱戦、ヘンシューブ!

憧れの天然遡上河川に潜って調べた
オトリの泳ぎ、大アユの反応、ヒットの瞬間…
四万十川で水中撮影 海産大アユのREALが見えた!

タモに受けた瞬間、香り立つ1尾を!
うま〜いアユが狙える極上!河川ガイド

大西満 村田満
2人のレジェンドー“釣欲満々”エッセイ
友釣り、いま思うこと…。

アユ釣りステーション
2016年のアユ釣りシーンをつかさどる最新インフォメーション

メーカー担当者がセレクト
2106NEWラインナップの“イチオシ”はこれだ

釣りウマ店長&スタッフが
一生懸命選びました!
マイショップ人気グッズランキング ベスト3

アユ釣りマガジン2016プレゼント!!
ほか 【ご購入はこちら】
 

【このページのトップに戻る】