2月号好評発売中


 

磯釣りスペシャル3月号
寒を釣りきる深ダナ戦略
寒グレシーズン真っ只中にお送りする『磯釣りスペシャル3月号』は、今春リリースされる注目のNEWタックルを使った熱釣ライブと、寒グレ攻略に欠かすことのできない深ダナ戦略です。熱釣ライブでは城本尚史さんが長崎県五島列島・津和崎で、平和卓也さんが高知県柏島で、木村公治さんが山口県下松で、迫力満点の釣りを展開しています。深ダナ戦略では、各地の名手の実践的な理論とテクニックを網羅しており、すぐに試すことができますよ。さあ、寒グレをびしばし仕留めてください。

磯釣りスペシャル3月
2018年1月25日発売 定価1,500円(税込)
※2018年5月号の発売は2018年3月25日の予定です。
Amazon.co.jp縺ァ雉シ蜈・
NAIGAI-SHOP縺ァ雉シ蜈・
ショートピッチのライン操作で本流に圧勝

シロモッチの理想を具現化したフカセロッド「OGRE HAND」の第2弾「TM1.25-50」が遂に完成。1.5号ハリスを最大限に生かして今まで以上に魚が取れるというこの竿を手に向かったのは、激流走る五島列島中通島・津和崎の丹瀬のハナレ。複雑に流れる本流で口太&尾長を連発だ。

価値ある尾長を引き出すためにイズスミの活性が非常に高く

グレは中小型がチラチラと見える状況。数はいらない。納得できる1尾がほしい。シマノNEWロッド「ISO LIMITED」を手にピースが挑んだのは高知県柏島。試行錯誤の末、遂に価値ある尾長を仕留めた。 その攻めとは…。

アタリを鮮明に取る、高浮力戦法

水温が日に日に落ち込んでいく12月の瀬戸内海は、チヌの活性が低下するため、サシエを口にしてから反転しないことが多くなる。そんなシビアなチヌに勝負を挑んだ木村公治さんは反転率を少しでも上向かせるため、あえてウキを浮かせて抵抗を作り猛撃を仕掛けていくのであった。

フリーフォールに迷いなし

渡船の水温計は16.1度を示していた。例年なら18度前後で推移しているはずの12月下旬、ホームグラウンドの鶴見にやってきた猪熊博之さんだったが、足元にマキエを打ってもエサ取りの姿すら見られない…。
沖攻めのズラシ作戦に勝機あり

今回森井さんが挑んだ蒋渕は魚影の濃い宇和海の釣り場の一つで、特に寒の時期は三浦半島が楯になるので季節風に強く、他で竿が出せないときでも釣りができる。当日はエサ取りが多く、その対応に苦慮。劇的なドラマは最後の1投に訪れた。

ウキを沈めない理由

チヌフカセにおいて「ウキ止めをつけないゼロ釣法」と聞くと、全遊動沈め釣りが真っ先に思い浮かぶが、南さんのスタイルは少し異なる。全遊動であるのは確かだが、どんな状況であれウキは必ず浮かせている。それはなぜなのか? その秘密を探るべく、現場で詳しく解説していただいた。

壁際をタイトに攻めろ

活性が高い小型グレは仕掛けがなじむ前にサシエを奪う。狙ったポイントで仕掛けをなじませたくても当て潮が邪魔をする。そんな中、百戦錬磨の鬼はウキ下竿1本のシモリ際という答えにアプローチをきっちりアジャストさせていった…。
お問合せ・ご質問は
フィッシングブレーン
iso-sp@fishingbrain.com