月刊自家用車の発売日が毎月26日になりました。これまでよりもタイムリーに情報をお届けします!
車を安く買って、かしこく付き合うための、お役立ち情報満載の自動車専門誌。

クルマ・バイク・フィッシング・ファッションなど、趣味の世界をもっと楽しくする雑誌・DVDを発行する内外出版社

新車マル得購入マガジン「月刊自家用車」オフィシャルWEBサイト

雑誌『月刊自家用車』公式サイト

月刊自家用車 2016年1月号 780YEN

月刊自家用車 2016年1月号 780YEN
NAIGAI-SHOPで購入

■2015ロサンゼルスオートショー詳報 MAZDA CX-9 HONDA シビッククーペ FIAT 124スパイダー ほか ■「伊豆半島一周430km燃費テストの旅」 最新セダンに乗るならどれ? TOYOTA クラウン2.0ℓ MERCEDES-BENZ C220d MAZDA アテンザ ディーゼル・4WD ...続く

Consultation 投稿・相談募集中

投稿する

クチコミユーザーリポート

あなたの車の乗り心地などを教えて下さい。 採用者全員に2,000円分のQUOカードを進呈します!

投稿する

10万円が当たる!X氏の値引き大作戦

本誌大人気企画「X氏の値引きにチャレンジ大作戦」では、X氏になってみたい方を全国から募集中。採用されれば、お得な新車購入が約束されたようなモノ。詳しくはコチラへ。

投稿する

5000円/1万円GET!私もX氏

新車を購入した方、注文書(契約書)のコピーと、値引き結果の詳細リポートをお送り下さい。「私もX氏」掲載者の方には5000円、「値引き特報告」掲載者の方には1万円の謝礼を進呈します。車種は問いません!

投稿する

松本隆一のお助けコール

「この条件で契約して大丈夫?」「購入補助金を間に合わせたい」など新車購入についての疑問・質問に値引きの神様・松本隆一がズバッと回答。アナタの悩み、聞かせて下さい!

お役立ち情報一覧

新車購入諸費用ガイド新車購入諸費用ガイド
新車購入時にどんなお金がかかるの?が一撃検索できます。
エコカー減税ガイドエコカー減税ガイド
知らないと損をするエコカー減税のすべてを見せます。
自動車用語ミニ辞典自動車用語ミニ辞典
今さら聞けないカタログ用語集をまとめてお送りします!
保険のAtoZ保険のAtoZ
絶対に必要な自動車保険。そのシステムをお教えします。
買取リ見積もり買取リ見積もり
せっかくだから高く売りたい!をわかりやすくお手伝い。
自家用車セレクション自家用車セレクション
オススメの気になるNEWアイテムを厳選してお送りします!
注目モデル購入ガイド注目モデル購入ガイド
迷わず今が買い!旬なお買い得注目モデルはこれだ!

保険のAtoZ

POINT!

  1. 保険のシステムと加入先で保険料が異なる
  2. 自分の使い方に合わせた保険を組み立てる

自賠責だけでは安心安全カーライフは無理

自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類ある。通常、「自動車保険」というと任意保険のことを指している。

自賠責は法律で加入が義務付けられている強制保険で、加入しないとナンバーを取れないだけでなく、車検毎に次回車検までの期間分に加入しなければ車検を取れない。

一方の任意保険は名前の通りドライバーの自由意志で加入するもの。しかし、自賠責は最低限の補償しかしないので、任意保険加入はドライバーの常識、責任でもある。

任意保険は一年契約が基本で、契約先によって補償と保険料が異なる。基本的な補償は、相手に対する補償(対人、対物)、自分に対する補償(人身/搭乗者/無保険者傷害、自損事故)、自分のクルマに対する補償(車両)がある。これらの組み合わせやオプションで補償をグレードアップできる。任意保険はリスクに応じて保険料が算出され、安全運転ドライバーは保険料が安くなるが、加入先によって割引率が異なるのが特徴だ。

ページトップへ戻る

自賠責と自動車保険の違い

自賠責は被害者救済のための保険。相手に対して保険金が支払われるもので、補償限度額は傷害120万円、死亡3000万円、後遺障害4000万円だ。限度額以上の賠償に対しては任意保険で備えなければならない。自分のケガ、死亡、あるいは自分のクルマが壊れても自賠責では補償されないので、任意保険でカバーすることになる。

ページトップへ戻る

自動車保険のタイプ

等級による保険料の割引増率
等級 割引増率(%)
1 +60
2 +30
3 +20
4 0
5 -10
6 新規契約 全年齢担保 +30
21歳未満不担保 +10
26歳未満不担保 0
30歳未満不担保 0
前契約あり -10
7 -20
8 -30
9 -40
10 -40
11 -45
12 -50
13 -50
14 -55
15 -55
16 -58
17 -58
18 -60
19 -60
20 -60
代理店タイプ

保険代理店で契約するもので、従来からある国内損保は代理店タイプが多い。保険専門だけでなく、代理店の資格のあるディーラーでマイカー購入時に一緒に保険の手続きができる。代理店が扱っている保険にしか加入できず、自分で選べないのが不便である。

ダイレクトタイプ

インターネット、電話などによる通販で加入するダイレクトタイプは外国保険会社や国内でもソニー損保などが扱っている。各社のホームページでは簡単に保険の見積もりができ、契約可能だ。インターネット割引もある。保険料は安くなりやすい。

JA/全労済

JA、全労済では自動車共済と言う。自賠責もあるが、任意共済はJAがクルマスター、全労済がマイカー共済で、保険会社同様の補償、無料ロードサービスなどもある。JAはインターネット見積は可能だが、契約はできない。全労済は見積依頼すると送付される。


ページトップへ戻る

5つのケースによる保険料の違いを見てみよう!

例 TOYOTA ノアX・Lセレクション(2WD)

表の試算例は、契約内容や保険の種類によって異なる。詳細は各保険会社のパンフレットなどで確認を。

CASE1 年間走行距離による違い

ダイレクトタイプは年間走行距離で保険料が変わるところが多い。走行距離が多いほど事故のリスクが高くなるので保険料は高い。走行距離の区分は保険会社によって違う。使用目的でも保険料は変わる。

走行距離 12000km 3000km
免許証 ブルー
等級 15等級
年齢条件 30歳以上以上補償
車両保険 一般条件(230万円:免責0-10万円)
国内2社平均 80,265
ソニー損保 53,270 71,030

CASE2 免許証の色による違い

任意保険は安全ドライバーほど保険料が安くなる仕組みなので、ゴールド免許所有者の割引率が高い。割引率は各社で異なる。割引のないところもあるが、ゴールド免許で安くなるのが主流になっている。

走行距離 7000km
免許証 ブルー ゴールド
等級 15等級
年齢条件 30歳以上補償
車両保険 一般条件(230万円:免責0-10万円)
国内2社平均 80,265 71,465
ソニー損保 55,690 54,120

※ゴールド免許割引。


CASE3 等級による違い

新規加入は4等級で割引・割増なし(26歳以上補償)、1年間無事故なら1等級アップで割引き。事故を起こせば3等級ダウンで割増し。等級と割引率は保険会社、JA、全労済で違うが引き継ぎされる。

走行距離 7000km
免許証 ブルー
等級 7等級 15等級
年齢条件 30歳以上イジョウ補償
車両保険 一般条件(230万円:免責0-10万円)
国内2社平均 142,695 80,265
ソニー損保 97,880 55,690

CASE4 年齢条件による違い

ドライバーの年齢区分は各社で違うが、一般的には年齢問わず、21歳以上補償、26歳以上補償、30歳以上補償の4種類。年齢問わずがもっとも高く、30歳以上が安い。35歳以上補償の設定がある場合も。

走行距離 7000km
免許証 ブルー
等級 15等級
年齢条件 年齢を問わず補償 30歳以上補償
車両保険 一般条件(230万円:免責0-10万円)
国内2社平均 167,120 80,265
ソニー損保 128,750 55,690

CASE5 車両保険による違い

車両保険に入ると保険料は2倍くらいに高くなる。安さを求めるなら、クルマ対クルマの事故で相手ドライバーが確認できるときなど条件付きのエコノミーA。一般車両保険の約半分の保険料で済む。

走行距離 7000km
免許証 ブルー
等級 15等級
年齢条件 30歳以上イジョウ補償
車両保険 なし 一般条件
国内2社平均 29,935 80,265
ソニー損保 22,370 55,690

※230万円:免責0-10万円。

ページトップへ戻る

インターネット一括見積もりサイトを活用しよう!

条件を入力すると複数の保険会社の見積がメールや郵送されてくるので、希望の保険会社と直接契約する。「保険スクエアbang!」、「インズウエブ」などがある。保険代理店の「NTTイフ」のように、ネットで各社見積比較した上ですぐに契約できるものもある。