月刊自家用車の発売日が毎月26日になりました。これまでよりもタイムリーに情報をお届けします!
車を安く買って、かしこく付き合うための、お役立ち情報満載の自動車専門誌。

クルマ・バイク・フィッシング・ファッションなど、趣味の世界をもっと楽しくする雑誌・DVDを発行する内外出版社

新車マル得購入マガジン「月刊自家用車」オフィシャルWEBサイト

雑誌『月刊自家用車』公式サイト

月刊自家用車 2016年1月号 780YEN

月刊自家用車 2016年1月号 780YEN
Amazon.co.jpで購入
NAIGAI-SHOPで購入

■2015ロサンゼルスオートショー詳報 MAZDA CX-9 HONDA シビッククーペ FIAT 124スパイダー ほか ■「伊豆半島一周430km燃費テストの旅」 最新セダンに乗るならどれ? TOYOTA クラウン2.0ℓ MERCEDES-BENZ C220d MAZDA アテンザ ディーゼル・4WD ...続く

Consultation 投稿・相談募集中

投稿する

クチコミユーザーリポート

あなたの車の乗り心地などを教えて下さい。 採用者全員に2,000円分のQUOカードを進呈します!

投稿する

10万円が当たる!X氏の値引き大作戦

本誌大人気企画「X氏の値引きにチャレンジ大作戦」では、X氏になってみたい方を全国から募集中。採用されれば、お得な新車購入が約束されたようなモノ。詳しくはコチラへ。

投稿する

5000円/1万円GET!私もX氏

新車を購入した方、注文書(契約書)のコピーと、値引き結果の詳細リポートをお送り下さい。「私もX氏」掲載者の方には5000円、「値引き特報告」掲載者の方には1万円の謝礼を進呈します。車種は問いません!

投稿する

松本隆一のお助けコール

「この条件で契約して大丈夫?」「購入補助金を間に合わせたい」など新車購入についての疑問・質問に値引きの神様・松本隆一がズバッと回答。アナタの悩み、聞かせて下さい!

お役立ち情報一覧

新車購入諸費用ガイド新車購入諸費用ガイド
新車購入時にどんなお金がかかるの?が一撃検索できます。
エコカー減税ガイドエコカー減税ガイド
知らないと損をするエコカー減税のすべてを見せます。
自動車用語ミニ辞典自動車用語ミニ辞典
今さら聞けないカタログ用語集をまとめてお送りします!
保険のAtoZ保険のAtoZ
絶対に必要な自動車保険。そのシステムをお教えします。
買取リ見積もり買取リ見積もり
せっかくだから高く売りたい!をわかりやすくお手伝い。
自家用車セレクション自家用車セレクション
オススメの気になるNEWアイテムを厳選してお送りします!
注目モデル購入ガイド注目モデル購入ガイド
迷わず今が買い!旬なお買い得注目モデルはこれだ!
トップページ > お役立ち情報 > 自動車用語ミニ辞典

自動車用語ミニ辞典

英数字 |  |  |  |  | ナ |  | マ |  |  | ワ

英数字

  • ABS
    ブレーキを自動的に断続作動させることで滑りやすい面でのハンドルの効きを確保する。前後の制動力を自動配分するEBDや、ブレーキの踏み込み量を補助するブレーキアシストと同時に装備されるのが通例。
  • ACC
    キーシリンダーを一段ひねった「アクセサリー」という意味もあるが、先進装備としてはレーダー(ミリ波またはレーザー)を使用して車間距離を自動制御する装置のこと(アダプティブ・クルーズ・コントロールの略)。車間距離調整の利用範囲によって、高速、低速、全車速の3タイプがある。
  • AFS
    アダプティブ・フロントライティング・システムの略。ステアリング舵角に応じてヘッドランプを通常より右または左よりに向けて夜間の視野を確保するもの。
    ASC→横滑り防止装置(ESC)
    DSC→横滑り防止装置(ESC)
    EBD→ABS
    ESP→横滑り防止装置(ESC)
  • ETC
    有料道路の料金所で一時停車なしに自動料金収受するシステム。渋滞緩和に役立つとされているが、誤用・誤進入などによる新たなトラブルも起きている。車載ユニットの多くはオプションで用意されている。
  • HIDヘッドランプ
    高輝度放電ランプのことで青白い光と長寿命が特徴。従来のハロゲンランプに比べて安定点灯までに時間がかかるため、ロービームのみに使用している場合が多い(ハイ/ロー切り替えタイプもある)。ガス名から「キセノン」、また英語のHigh-intensity dischargeから「ディスチャージ」とも呼ばれる。
  • IPA(インテリジェントパーキングアシスト)
    →パーキングアシスト
  • IRカットガラス
    →プライバシーガラス
  • ISO-FIX(対応チャイルドシート固定機構)
    国際標準化機構(ISO)が定めたチャイルドシートの固定方法。シートベルトは用いずに座席の専用バーにシートのソケットを差し込んで固定するもの。シートベルト固定方式よりも確実に取付けられるのがメリットだが、シートの汎用性が低い(クルマのメーカーと異なると補償対象外)ため、普及は進んでいない。
  • LKA
    レーン・キーピング・アシストの略。車載カメラで道路の白線を読み取り、自車位置と照合して車線逸脱を予防する装置。車種により、音で警告するだけのものからある程度の自動操舵機能を備えたものまである。
  • UVカットガラス
    →プライバシーガラス
  • VDC
    →横滑り防止装置(ESC)
  • VICS
    渋滞・故障車・規制・サービスエリアなど道路に関わるさまざまな情報をナビなどの車載装置に送信するシステム。情報提供のメディアとしては一般的なFM多重放送に加え電波や光でのビーコンもあるが、車載装置によっては受信装置が別途必要になる。
  • VSA
    →横滑り防止装置(ESC)
  • VSC
    →横滑り防止装置(ESC)
ページトップへ戻る

ア行

  • アクティブヘッドレスト
    追突事故の際のむち打ちによるけがを減らすための可動式ヘッドレスト。衝突時のエネルギーを利用してヘッドレストを持ち上げる比較的単純なものが一般的だが、高級車にはレーダーで衝突を予測して衝突前にヘッドレストを適切に移動させるものもある。
  • アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム
    →キーフリーシステム
  • アラウンド(ビュー)モニター
    →車体周辺モニター
  • イモビライザー
    電子的な照合システムにより専用キー以外でのエンジン始動ができないようにする自動車盗難防止装置の一種。盗難を100%防止できるわけではない(車上荒らしには効果がない)が、キーフリーシステムの普及とともに低価格帯モデルへの装着率も高まっている。
  • インテリジェントキー
    →キーフリーシステム
  • エアバッグ
    衝突時に瞬間的にふくらませた袋(エアバッグ)で衝撃を緩和するもの。設置位置(保護部位)によってサイド(頭・腰)、カーテン(頭)、ニー(膝)などのタイプがあるが、いずれもシートベルト装着が前提。
  • エレクトロルミネセントメーター
    →自発光メーター
  • オプション
    車両標準装着品以外の装備・機能。メーカー(生産ライン)オプションとディーラーオプションに大別され、前者は注文時のみ、後者は購入後でも自由に装着可、という違いがある。カー用品店との差別化のため、ディーラーオプションでも「純正」オプションという場合もあるがオーディオなどでは市販品と同等である。
  • オプティトロンメーター
    自発光メーター
ページトップへ戻る

カ行

  • キーフリーシステム
    各メーカーによって呼称がまちまちだが、いずれもキーを携帯しているだけで、ドアの施解錠、エンジン始動が可能となるシステム。トヨタにはドア施解錠のみの「スマートエントリー」もある。エンジン始動にはノブをひねるタイプとボタンタイプがある。
  • キーレス(プッシュ)スタートシステム
    →キーフリーシステム
  • キーレスアクセス&プッシュスタート
    →キーフリーシステム
  • キーレスオペレーションシステム
    →キーフリーシステム
  • キセノンヘッドランプ
    HIDヘッドランプ
  • キャプテンシート
    複数名が並んで座る「ベンチ」シートに対し、1名掛けのシートのこと。2列目に設定され、基本的には両側アームレストが付属する。なお、1列目の1名掛けソートはセパレートシートと呼ばれることが多い。
  • ゲート式シフトレバー
    オートマチック車のP、Dなどの各ポジションを段差で区切ったシフト(セレクト)レバー形式。ボタンと併用したストレート式と対比される。
  • コンパティビリティ対応
    Compatibilityは互換性を意味する。衝突安全ボディに対して使われる場合は、衝突安全性能の確保と自車加害性の低減の両立による、重量の異なるクルマ同士の衝突時における共存を目指した考え方のこと。
ページトップへ戻る

サ行

  • サイドブラインドビューモニター
    →車体周辺モニター
  • シーケンシャルシフト
    sequentialは順次、逐次といった意味で、レバーまたはスイッチなどの前後(上下または左右)操作によって、ギアを一段ずつ変更するシフトのことだが、「セミオートマの別称」「AT車のマニュアルモード」などと誤解あるいは転用されていることが多い。
  • シートリフター
    主に運転席の座面高を調整する機構。上下アジャスター、ハイトアジャスターなどとも呼ばれる。以前の操作方式はダイヤル式が主流だったが、最近は操作力が小さくて済むレバー(ラチェット)式が主流。
  • 自発光メーター
    メーターの照明を、電球などによる間接光でなく、LEDなどによる透過光で行っているもの。文字や針自体が発光しているように見えるので「自発光」と呼ばれる。車幅灯などのオン/オフにかかわらず点灯しているので、常時発光式と言われる場合もある。
  • 車体周辺モニター
    ナビなどのディスプレイに車体まわりの状況を映し出す装備。後方用のバックモニターから普及が始まり、これに進路予測線や簡易的なガイド機能を加えたもの、前方や左前輪付近を表示するものなど、表示範囲や機能が多様化。'07年には全周囲タイプが日産から登場。メーカーオプションにセット装着されるもの以外に後付けタイプも用意されている。
    駐車支援機能付きのものについては「パーキングアシスト」参照。
  • ステアリングシフト
    パドルシフト
  • スマートエントリー&スタートシステム
    キーフリーシステム
  • スマートキーシステム
    キーフリーシステム
  • スマートパーキングアシスト
    パーキングアシスト
ページトップへ戻る

タ行

  • チルト&テレスコピックステアリング
    チルトはステアリングの角度(上下)、テレスコピックはステアリングとドライバーとの距離(前後)を調整する機能。テレスコピック付きはまだまだ少数派。
  • ディスチャージヘッドランプ
    →HIDヘッドランプ
  • テレマティクス
    携帯電話や専用通信機を利用して、道路や天気などのドライブ情報、メールなどさまざまなデータを送信するサービス。国内ではG-BOOK(トヨタ、ダイハツ、マツダ、スバル)、カーウイングス(日産、スズキ)、インターナビ(ホンダ)、レクサスリンク(レクサス)があるが、内容・料金は千差万別。
  • トラクションコントロール(TCS)
    エンジンからの駆動力を調整し、タイヤの空転を抑える機能。滑りやすい路面での発進・加速時の車両安定性(前後方向)の向上に効果がある。近年では横滑り防止装置と組み合わせて装着されることがほとんど。
ページトップへ戻る

ハ行

  • パーキングアシスト
    当初は車体周辺モニターの機能の一部として登場。駐車位置をモニター上で手動指定すれば、ハンドル操作などのタイミングをガイドしてくれるものだった。これを進化させたIPAでは駐車位置認識を半自動化、ハンドル操作を自動化。また、ハンドル操作の自動化のみとして価格を抑えたタイプもある。
  • ハイコントラストメーター
    自発光メーター
  • バック(ビュー)モニター
    車体周辺モニター
  • パドルシフト
    AT(CVT)車のマニュアル変速操作をシフトレバーではなく、コラムに設置されたパドルまたはステアリングに設置されたスイッチで行うもの。従来は起動スイッチ付きが普通だったが、現在ではDレンジからダイレクトに操作できるものが主流となってきている。
  • ファインビジョンメーター
    自発光メーター
  • プライバシーガラス
    自発光メーター
  • ブラックアウトメーター
    車外から車内を見えにくくするためにガラスを着色して、可視光線の透過率を20%程度に落としたもの(通常のガラスは70〜80%程度)。多くの場合、UV(紫外線)やIR(赤外線)のカット効果もある。濃色ガラス、ダークティンテッドガラスなどとも呼ばれる。
  • ブラックアウトメーター
    自発光メーター
  • プリクラッシュセーフティ
    アクティブセーフティ(能動的安全)技術のひとつで、レーダーなどによって予測した衝突危険度の割合に応じて、ドライバーへの警告から回避不可時の安全装置の作動までを自動的に行う装置(考え方)。
  • フロント(ビュー)モニター
    車体周辺モニター
  • フロントサイド(ビュー)モニター
    車体周辺モニター
ページトップへ戻る

ヤ行

  • 横滑り防止装置(ESC)
    「走る」「止まる」「曲がる」を統合して電子制御するシステム。具体的にはトラクションコントロール、ABS、舵角センサーにより、車両の進行方向を適切に保つように自動制御する。危険回避する方向にステアリング操作アシストするものも開発されている。
ページトップへ戻る

ラ行

  • ランフラットタイヤ
    パンクをしてもしばらく(100km程度・速度制限有り)はそのまま運転できるように改良されたタイヤ。スペアタイヤが不要になるが、現状では従来型タイヤに比べて価格や乗り心地などで不利な面も少なくない。
  • レーダークルーズコントロール
    →ACC