愛車に長く乗り続けるためのメンテナンス&メカニズム情報誌『オートメカニック』公式サイト|リンク集

クルマ・バイク・フィッシング・ファッションなど、趣味の世界をもっと楽しくする雑誌・DVDを発行する内外出版社

最強2輪バイヤーズガイド誌

雑誌『ヤングマシン』公式サイト

ホーム > 2012-2014MODEL詳細解説 > CBR400R HONDA 試乗記

CBR400R HONDA 試乗記

コンパクトな車体に400のパワー!

 ホンダドリームフェスタの試乗会でCBR400Rに試乗することができた。第一印象は「コンパクトでいいな」というもの。CBR250Rに近い感覚で400のパワーを楽しめる。直接のライバルはカワサキのNinja400Rになるが、こちらは650ccベースの400版なので、CBRよりはサイズ感がある。対してCBR400Rは、400ccありきの基本設計からスタートし、グローバルモデルの500cc版が追加されたという開発の経緯があるので、ジャストサイズを実現しているのだ。

 ライポジもアップタイプのハンドルなのできつさはなく、シート高もCBR250Rと大差なく感じられる。もちろんタンクの幅や、左右に傾けた時の重量感は「お、400だな」と思わせる手応えがあるが、CB400SFほどの重量やボリューム感はない。4気筒のCBに対して2気筒400Rのメリットがでるところだ。そしてエンジンは2気筒ながらスムーズさの方がキャラクターとしては強く、ドコドコ感は最小限に抑えられている印象。これはCBR250Rの時にシングルのらしさを消す方向で開発したのと同じで、直4イメージがあるCBRの名に合わせた作り込みを行っているためだろう。

 エンジンは、1万回転くらいまでスムーズに回るフィーリングで、当たり前だが、気持ちいいなと思う。並列4気筒ならばもっと回るのだろうが、狙っている走行性能やユーザーを想定した上での判断だ。ツーリングに行った先でワインディングをちょっと攻めてみるという時に自然に応えてくれる性能だろう。同じ2気筒のNC700系とはここが一番大きな違いで、エンジンを回してスポーツライディングを楽しみたいのであれば400を選ぶのが正解だ。

 ブレーキやサスペンションなどは必要十分の装備で、短い試乗では特に不満は感じられなかった。しっかり攻めた時や高速インプレなどは、今後の誌面で詳しくお伝えしていきたい。(編集部・市本)

■全長2075 全幅740 全高1145 軸距1410 シート高785(各mm) 192[194]kg(装備)■水冷4スト並列2気筒 DOHC4バルブ 399cc 46ps/9500rpm 3.8kg-m/7500rpm 燃料タンク容量15L■ブレーキF=ディスク R=ディスク タイヤF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ※[ ]はABS

●車両価格:66万9900円~70万1400円/71万9250円~75万750円(ABS)
●発売日:4月23日
●色:白、赤、黒、トリコロール


ヤングマシン最新号
Amazon.co.jpで購入
NAIGAI-SHOPで購入

臨時増刊号

More Info

2015年5月号臨時増刊 2014年4月号臨時増刊

DVD

More Info

丸山浩の天才!ライディングテクニック 峠編2 徹底快楽主義! 丸山浩の天才!ライディングテクニック 特別編「サーキットに行こう!」
ヤングマシン編集部バイクブログ
ADKaw ALL FOR 4C1P!
ADサカイ 21 Century adult boy
ヤングマシン携帯サイト

ヤングマシンモバイル

ヤングマシンの携帯HPはコチラ。携帯コンテンツも充実!!

NAIGAI-SHOP