MOTOツーリング創刊

創刊の経緯
『ヤングマシン』『ビッグマシン』という二大ニューモデルバイヤーズガイド誌を持つ2輪専門誌出版社として、全く毛色の違うジャンルを狙って企画されたツーリング雑誌。温泉、穴場、絶景スポットなどリアルな旅情報を取材エリアごとに緻密に拾い上げ、ライダーの口コミ情報もプラスして雑記帳のようにまとめるスタイルが特徴。2010年代に入り、バイク業界のトレンドはツーリングに移りつつあり、大人のたしなみ的なバイクツーリング誌が乱立し始めていたが、それらとは明確に一線を画し「ちょっとオバカでとことん役立つB級の面白さ」を基本コンセプトに立ち上げられた。元々は社外から提案された企画であり、当初は全く違う誌名タイトルで進められていたが、弊社代表取締役社長 清田名人の発案により明快に「MOTOツーリング」と名付けられ、2010年秋にヤングマシン増刊として発行が開始された。
現在の誌面の特長
発行開始以来安定した販売を重ね、4年目に入る2013年秋号よりヤングマシン増刊から独立創刊。情報が氾濫するネット社会のいま、「ここにしか載っていない面白いネタ」にこだわって編集。廃墟、ダム、鉄道遺構、酷道、戦車などなど、ありきたりのバイクツーリング誌では絶対に読めない“ヘンな”特集がウケてます!