内外出版社 NAIGAI PUBLISHING

発行雑誌

合気道 稽古とこころ

合気道 稽古とこころ
Amazon.co.jpで購入 NAIGAI-SHOPで購入

CONTENTS

対立・衝突を超越する真の強さ・人生の糧となる「道」の豊かさ。

世界130の国と地域、国内2400の道場で愛好される合気道。稽古の根底にある高邁な思想。試合・競技はなく、稽古・鍛錬を通じ、互いに尊重しあうことで磨かれる真の強さ。

世界で共感される合気道の哲学を宗家・植芝守央道主が現代人に向けて説き明かす。

―――目 次―――――

1・歴史――合気道のあゆみ

一つ一つの積み重ねから/合気道開祖・植芝盛平/「開かれた合気道」――吉祥丸二代道主の想い/初めての公開演武/出版による普及・啓蒙/組織の拡大/世界に広がる合気道――銀の架け橋

2・稽古とこころ

武は愛なり――現代に生きる武道/合気道練習上の心得/稽古法そのものに合気道の理念がある/素直であること/構えと間合い/基本の体捌き――入身・転換・転身・転回/表技と裏技/呼吸力と呼吸法/天地と一体となるということ――自然の理に逆らわない/技の稽古を通じて体を練る/稽古を積み重ねた先に発揮される総合的な力/基本に極意がある/硬い稽古と柔らかい稽古/技に完成はない/なんのために稽古をするのか/合気道に試合はない/日本の心/形を繰り返した先に個性が輝く/合気道の修行は合気道だけでいい/審査も演武も普段通りに/合気道で強くなれるのか?/礼に始まり礼に終わる/即結果を求めず/先人を敬うということ

3・道 統

祖父・植芝盛平/父・植芝吉祥丸/ともに道を歩む姿勢/一日一度、本部道場の稽古には植芝の人間が立つ/直系が道統を継ぐということ/道場という文化/合気道本部道場/決意/指導のはじまり/厳しい時代を乗り越えた強さ、おおらかさ/最大の試練を感じた時/道主継承/和を実践していくこと

植芝守央(うえしば もりてる)

合気道道主・公益財団法人合気会理事長・国際合気道連盟会長。

昭和2642日、合気道二代道主植芝吉祥丸の次男として出生。昭和51年、明治学院大学経済学部を卒業。財団法人合気会奉職後、合気会専務理事、合気道本部道場長、合気会理事長を歴任。平成11年、二代道主逝去により合気道道主を継承。国際合気道連盟会長に就任。

ブラジル国のアンシェッタ勲章、ロシア大統領友好勲章、スペインのバレンシア大学の金メダルを受章。平成25年、 合気道普及発展の功により藍綬褒章を賜わる。

公益財団法人日本武道館理事、国際武道大学評議員・名誉客員教授、東北大学特別講師他多くの要職を務める。

公益財団法人合気会 合気道本部道場

書籍

PAGETOP