内外出版社 NAIGAI PUBLISHING

発行雑誌

監督たちの流儀――サッカー監督にみるマネジメントの妙

監督たちの流儀――サッカー監督にみるマネジメントの妙
Amazon.co.jpで購入 NAIGAI-SHOPで購入

【CONTENTS】

信念を貫く情熱家、真理を追究し浸透させる天才タイプ、独創的なスタイルで長期政権を築く創業者タイプ&長期政権を巧みに継承するタイプ、限られた戦力を最大限にいかすリアリスト……それぞれのマネジメントスタイルで結果を出している監督たちの「流儀」を分析。

目次

●信念を貫くということ――ファン・スナイデルの場合

ハイリスク/外国人監督の戸惑い/人生に貼りついたサッカー

●天才選手は天才監督になりえるか――風間八宏の場合

名選手は名監督になれないか?/「止める」を定義する/難解だがシンプルな風間語/人体の弱点をつく普遍的な崩し

●長期化する創業者――ミハイロ・ペトロヴィッチと西野朗の場合

長期政権の条件/パイオニアの強み/超攻撃の慎重さ

●継承力――森保一と長谷川健太と堀孝史と鬼木達の場合

偉大な前任者の後任/現実を恐れない/種を蒔く人 収穫する人/後継者の資質/デルボスケ的 /進化する川崎フロンターレ

●リアリストの見る夢――反町康治と貴裁の場合

バルサに染まらなかったリアリスト/湘南スタイルとラングニック/立ちはだかるJ1の壁 /辺境からの逆転の発想

●長期的戦略と監督えらび――日本代表監督の場合

ハンス・オフト 原理原則を植え付けた教育係/パウロ・ロベルト・ファルカン ゾーンプレスの導入/加茂周 世界標準への挑戦/フィリップ・トルシエ プレッシングの原則を手中に/ジーコ 途切れた強化の継続性/イビチャ・オシム 日本化のスタート/岡田武史 日本化を捨てて結果を出す/アルベルト・ザッケローニ 日本化の流れの集大成 /ハビエル・アギーレ 積み上げの最中で/ヴァイッド・ハリルホジッチ プラグマティストがもたらすもの

●おわりに――監督と二つの鞄

◆著者
西部謙司(にしべ・けんじ)

1962年9月27日生まれ、東京都出身。学研『ストライカー』の編集記者を経て、02年からフリーランスとして活動。『戦術クロニクルI、II』『サッカー右翼サッカー左翼』(カンゼン)、「戦術リストランテI~IV』(ソル・メディア)、『サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本』(マイナビ)、『初心者の素朴な疑問に答えたサッカー観戦Q&A』(内外出版社)など著書多数。

現在は千葉市に住み、ジェフ千葉のファンを自認し、タグマ版「犬の生活」を連載中。

書籍

PAGETOP