内外出版社 NAIGAI PUBLISHING

発行雑誌

ちぬ倶楽部 2018年8月号

ちぬ倶楽部 2018年8月号
Amazon.co.jpで購入 NAIGAI-SHOPで購入
年間購読 バックナンバー
  • ■特集 中西毅×イカダフカセin広島県宮島・須屋浦
    広島のフカセ釣りといえばトーナメンターのイメージが強いが、手軽にのんびりと楽しめるイカダからのフカセ釣りも人気が高い。”G杯チヌ”を二度も制した中西毅さんでさえ、この釣りは面白いと豪語する。その魅力とはいかに…。
  • ■価値ある一尾に一投入魂in静岡県沼津・木負
    産卵を終えた個体が動き始めるタイミングだが、まだまだ本調子にはほど遠い状況。ナーバスなチヌを相手にどのように釣りを組み立てていくのか、紀州釣りの名手、福原義紹さんの戦略を追う。
  • ■刻々と変わる潮にどう対応するか…in三重県菅島
    三重県でも人気のかかり釣りエリアである鳥羽一帯。そんな中でもキラリと光る存在なのが菅島のイカダだ。ときに潮の流れが複雑で、それをいかに釣りこなすかがカギになることも…。そんな状況に一人の精鋭が対峙した。
  • ■巨匠たちの共演in兵庫県尼崎フェニックス
    ハイシーズンを目前にしたフィールドに関西の落とし込みを代表する4人の精鋭たちが集まった。周囲の竿があまり曲がらないような条件のもと、キビレ中心ながら圧倒的なヒット率を見せつけた。
  • ■もう一度、マーキングリグin兵庫県神戸港
    年を追うごとに変化し続けているガンクロは、ある意味、まだ発展途上の段階にあるといえるかもしれない。今回はもう一度原点に戻り、マーキングリグの釣りを再検証しよう。タックルを選ばず、視覚でアタリを捉える釣りだから、とても楽しくエントリーしやすいが、落とし込み経験のないビギナーは特に、注意してほしいポイントがある。
  • ■夏の時合いの深層に迫る
    どんなに優れたタックルや適切な釣り方、効果的なエサを使っていても、さらにチヌがそこにいたとしても、まったく食い気のない時間帯だったなら釣り上げるチャンスはゼロに等しい。この特集では研究者や釣り師の視点はもちろん、過去10年の『ちぬ倶楽部』に掲載された取材データをできるだけ集め、チヌが口を使う時間帯とは何かを考察してみた。果たして結論は…。
  • ■タナ攻略の強化論
    夏場のいわゆる高水温期には、チヌのタナが底一辺倒ではなくなり、ときに中層に浮いたりする場面も多々ある。そんな状況下ではいかにすべきなのか。夏のタナの傾向と攻略術について、どうすればそれをしっかり把握して釣りこなしていけるのかを、歴戦の名手に詳しく解説していただこう。

【contents】

Photogallery

中西毅×イカダフカセ
in広島県宮島・須屋浦

価値ある一尾に一投入魂
in静岡県沼津・木負

PEラインの新たな展開

特集1
チヌが口を使う時間帯はいつなのか
そのチャンスを生かす方法は何なのか
夏の時合いの深層に迫る

特集2
夏のチヌは浮いている!?
かかり釣りタナ攻略の強化論

特集3
この夏、サーフでヒートアップ
もっと広がれ渚釣り!

刻々と変わる潮にどう対応するか…
in三重県菅島

巨匠たちの共演
in兵庫県尼崎フェニックス

BRAND NEW CHINU

[連載]チヌ料理バンザイ2

[連載]兼松伸行の速効かかり塾
[連載]うみの研からこんにちは!
[連載]落とし込みThinking Time
[新連載]紀州釣り最前線
[連載]道郎チヌ語り
読者サロン 黒鯛師倶楽部
[釣行記]40センチ超え連発in福岡県北九州市若松運河
CHINU FLASH NEWS
TOURNAMENT NEWS
解決します
[連載]チヌ釣りのベーシック
旬の釣り場へ急げ!
編集後記

もう一度、マーキングリグ
in兵庫県神戸港

[連載]
山本太郎オールラウンドGAMES

ゼロ棒ウキ思考

ほか

書籍

PAGETOP