内外出版社 NAIGAI PUBLISHING

発行雑誌

ちぬ倶楽部 2018年12月号

ちぬ倶楽部 2018年12月号
Amazon.co.jpで購入 NAIGAI-SHOPで購入
年間購読 バックナンバー
  • 遠矢流で霞一文字を制すin三重県四日市
    ハイシーズンを目前にした霞一文字に立ち向かったのはフカセ釣りの名手、林賢治さん。周囲の竿があまり曲がらない中、海底にマキエで”チヌ牧場”を作り、棒ウキを使って狙い撃ちにする遠矢流で圧倒的な釣果を見せつけた。その戦略とは…。
  • アタリを出す鍵は 浮かせすぎず 沈めすぎずin香川県小豆島
    瀬戸内海でも東に位置する小豆島は、いかにも瀬戸内らしい釣りと、そうでない釣りが混在する個性的なフィールドなのかもしれない。鰰澤拓也さんは一定のタナを探る釣りから、じわじわとウキをシモらせてタナを探る釣りに切り替え、磯で、堤防で釣果を重ねるのだった。
  • 急潮でセッションin徳島県小鳴門
    潮が速いことで知られる徳島県小鳴門のイカダ。今回は正木義則さんと山本孝義さんがトライ。ワザを磨く道場でもあるこの場所で、精鋭2人が数釣りと型狙いのワザを和気あいあいと競った。
  • 名手愛用の注目モデルかかり竿超クローズアップ
    海底の様子を釣り人に伝え、釣り人の意のままに仕掛けを操る…竿はまさに、かかり釣りの”命”。名手が愛用する2018年に登場した注目モデルには、どのような狙いやこだわりがこめられているのか、クローズアップしよう。
  • PEで決める4時間の短期決戦in山口県光
    許された時間はわずか4時間…。台風25号が接近する中、PEラインを操るレジェンド・大知昭さんは山口県光の磯にいた。短時間で勝負を決めなければいけない状況だったが、そこには洗練された”釣りの組み立て”が隠されていた。
  • 待っていたのは、劇的な結末in兵庫県神戸港
    昨年から始まったガンクロのイベントが2年目を迎え、その決勝ラウンド「POWER PARTY 2018 GUNKURO GAME FAINAL」が9月2日に兵庫県神戸港で開催された。出場選手のレベルはさらに上がり、入念なプラをおこなって参加する選手もいる中で、チャンプに輝くのは誰だ!?
  • 悔しいバラシにサヨウナラ
    どうしても取り込みたいときや、千金の1尾に限って逃げられてしまうのがバラシというもの。条件が悪かったというケースは確かにあるものの、いつもそれに責任を押し付けていてはまたチャンスを逃してしまう。問題は釣り方か、タックルか、それとも技術のレベルなのか…原因とその対策を考えてみたい。

【contents】

きたるべき冬に備えチヌがエサを盛んに食べるこれからは、型も数も欲張れる最高のシーズン。『ちぬ倶楽部2月号』では、カラーページで本誌初となる三重県霞一文字のフカセ釣りをはじめ、徳島県小鳴門でのかかり釣り名手のセッション、名手愛用のかかり竿超クローズアップなど旬のネタが盛りだくさん。大特集では、掛けた魚をバラさず確実に手にするためのノウハウを多角的に取り上げました。お楽しみに。

12
遠矢流で霞一文字を制す
in三重県四日市

18
アタリを出す鍵は 浮かせすぎず 沈めすぎず
in香川県小豆島

24
急潮でセッション
in徳島県小鳴門

32
初冬のダンゴワーク INAGAKI STYLE

35
[第1特集]
なぜ外れるのか、切られるのか。
悔しいバラシにサヨウナラ

56
[第2特集]
初冬の爆釣モードに突入せよ
2ケタ奪取の決めワザ&最強スポット

64
[第3特集]
千載一遇の”瞬間”を見逃すな
極めよ食わせのタイミング

70
紀州釣りINTERVIEW
永易啓裕さんに聞く初冬の賢い食わせ術

75
名手愛用の注目モデル
かかり竿超クローズアップ

84
[連載]
山本太郎オールラウンドGAMES

91[連載]兼松伸行の速効かかり塾
94[連載]うみの研からこんにちは
96[連載]落とし込みThinking Time
98[連載]紀州釣り最前線
100[連載]道郎チヌ語り
102 読者サロン 黒鯛師倶楽部
106[釣行記]連続釣行で好機を制す
愛知県南知多の紀州釣り
108 CHINU FLASH NEWS
110 THE TOURNAMENT NEWS
112 解決します
116 [連載]チヌ釣りのベーシック
120 旬の釣り場へ急げ
122 編集後記

123
PEで決める4時間の短期決戦
in山口県光

130
待っていたのは、劇的な結末
in兵庫県神戸港

136
BRAND NEW CHINU

138
チヌ料理バンザイ2

ほか

書籍

PAGETOP