内外出版社 NAIGAI PUBLISHING

発行雑誌

磯釣りスペシャル 2018年9月号

磯釣りスペシャル 2018年9月号
Amazon.co.jpで購入 NAIGAI-SHOPで購入
年間購読 バックナンバー
  • ■特集 アルティメットバトル2018
    現代のフカセ釣りを全国レベルで盛り上げている気鋭の”磯スペALLスターズ”が三度帰ってきた。メーカーの垣根を越えて主力テスターたちがしのぎを削り最強のグレKINGを目指す「アルティメットバトル2018」。果たして、栄冠を奪取したのは…。
  • ■SCOOP① 久保野孝太郎×がまかつ・がま磯アルデナin長崎県五島列島
    がま磯のミドルモデルが進化を遂げた。その名は「アルデナ」。伝統の”がま調子”がグレを翻弄する。最新ロッドを手に久保野孝太郎が尾長&口太を果敢に食わせていった。
  • ■SCOOP② 田中修司×シマノNEWプロテックin大分県米水津
    今期の梅雨グレは最悪といわれるほどのバットコンディションが続き、取材当日も魚の反応はイマイチだった。しかし、そんな理由であきらめないのが現役チャンピオン。NEWロッド「プロテック」を武器に、肉眼では確認できない”スポット”を探り当て、食い渋るグレに猛撃を仕掛けていくのであった。
  • ■SCOOP③ 田中貴×DAIWA NEWトーナメントISO LBDin大分県鶴見
    風とウネリとサラシでゼロの仕掛けはなかなかうまく入らない。エサ取りの活性は高いがグレは低活性。そんな状況下で良型グレを引き出す洞察力。一投一投、マキエと仕掛けの位置関係を注視しながら結果を出していったのだった。
  • ■一か八かの地方勝負
    乗っ込み盛期を迎えた愛媛県中泊では40cm台のイシダイが沖磯で釣れ盛っていた。しかし、愛南町在住の熱血イシダイ師・田原誠さんは、あえて沖磯を封印し地方寄りの磯へ。その戦略とは…。
  • ■いまどきのマキエミキサー
    凍ったオキアミを砕く、配合材とまぜる、バッカンの中で練る…意外とさまざまな動きが求められるマキエミキサーは、人それぞれの使いやすさに差が出やすい。あなたにピッタリくるものは、いったいどれだろうか。
  • ■ウキ止め派の逆襲
    いま、トーナメントで成績を残している釣り師の過半数は、ゼロウキ+全遊動の仕掛けをメインにして戦っているといっても過言ではない。いわゆる半遊動仕掛けを用いる”ウキ止め派”の勢力は、競技という世界に関していえば、やや劣勢の感は否めない。しかし、釣りの精度や切れ味、ハマったときの爆発力…編集部が実際に目にしてきた取材の数々は、ウキ下を決めることの強さを証明するものが少なくないからだ。この特集では、ベーシックでありながら奥深い、半遊動仕掛けの威力を再確認してみたい。

【CONTENTS】

現代のフカセ釣りシーンをリードする名手たちがメーカーの垣根を越えて本気で腕を競い合う「アルティメットバトル2018」。最強のグレKINGの称号を賭けた14人の戦いをたっぷり収録。とくにトップ3の戦略は参考になること間違いありません。そして今秋リリースされるがまかつ&シマノのNEWロッド、DAIWAのNEWリールの詳細を、当日の熱釣ライブでSCOOP!! さらに大特集「ウキ止め派の逆襲」は、タナをきっちり設定するフカセ釣りの威力とノウハウを深く掘り下げ、アナタのレベルアップを強力にサポートします。底物ネタは、愛媛県中泊で型にこだわるイシダイ戦略をカラーページでお届けします。お楽しみに!

アルティメットバトル2018

SCOOP!

久保野孝太郎×がまかつ・がま磯アルデナin長崎県五島列島

田中修司×シマノNEWプロテックin大分県米水津

田中貴×DAIWA NEWトーナメント磯LBDin大分県鶴見

変化に対応し最適解を探し出す

一か八かの地方勝負

いまどきのマキエミキサー

その鋭い切れ味、釣りの精度。基本でありながら、どこまでも奥は深い…
ウキ止め派の逆襲

アルティメットバトル2018
TOP3テクニカルINTERVIEW

UTB舞台裏

連載
ピース・アカデミー
磯釣り基礎知識
水中目線で斬る
グレポン

REGULAR
グレイト九州熱釣録
高知で釣るならこっちやき!
年がら年中紀伊半島
名手数珠つなぎ
釣果の小ワザ500文字
THE TOURNAMENT REPORT
お悩みレスキュー
磯スペキングダム
バックナンバーズガイド
磯釣りインフォメーション
編集後記
THE新製品NEWS

書籍

PAGETOP